クレジットカード現金化の手数料ってどれくらいかかる?無料のところもあるの?

クレジットカード現金化を業者を通してするとき、手数料がかかるところと全くかからないところがあります。
かかる場合はどれくらいどういった名目になるのでしょうか。
また、換金率と手数料の兼ね合いとはどのようになっているのでしょうか。

手数料が無料のところ

クレジットカード現金化は業者によっては、手数料がまったくかからない無料のところがあります。
換金率のまま現金の入金があり、想定する換金率に狂いが生じません。
商社側のホームページを確認していると、それをアピールしたいためか、よくわかるように記載があったり利用者側にもわかりやすくなっていることもあります。
逆に手数料については一切触れないで、記載も何もない業者も存在するため、注意が必要です。

振込手数料が一律、現金化したい金額によって違う

クレジットカード現金化の業者によっては、振込手数料を一律いくら、金額によって変動アリなど、記載しているところもあります。
手数料がかかることについては少し残念ですが、手数料がかかることが明記してあるため、利用者側にとってはわかりやすくなっています。
またこのような業者はそのほかの手数料はかからないことが多く、お金がかかることに対して記載があります。
ですからある意味良心的とも言えます。

手数料の名目に注意

手数料は振込手数料だけでなく、事務手数料、手数料名義でいくつか存在することもあります。
振込手数料は振込をするためにかかる手数料ですので、仕方のないことも言えますが、事務手数料や手数料はまるごと業者側の利益になることもあり、かからないこともある業者もある分、後から知ってびっくりすることにもなります。
また事務手数料や手数料についてわざわざ明記している業者は少なく、本当にかかるかどうか非常にわかりにくいです。
そのため、不明な点は業者に直接聞くことが有効的で、聞いてから初めてわかることもあります。

手数料と換金率のからくりに注意

手数料という名目はないですが、その分換金率を低くして業者側の利益になっていることもあります。
一方でその逆のパターンもあって、換金率はより100%に近づくような記載がありますが、実際は手数料が多額になっていて、手元に戻ってくる現金が少なくなるというパターンもあります。
業者側は宣伝するために不利なことは記載しませんし、換金率と手数料の問題はホームページだけでは理解できないこともあります。
業者によっては見積もり問い合わせを積極的に受け付けている業者もあり、疑問な点が多い場合直接確認してみるのが一番速いです。
譜面通りの換金率ではなく、実際手元にどれくらいの入金があるかという聞き方をして、より実質をつかめるとよいです。

まとめ

クレジットカード現金化には、まったく手数料がかからない業者、振込手数料が一律もしくは変動、手数料や事務手数料名義でお金がかかるところがあります。
換金率をより100%に近づけて、とても高い換金率を演出しますが、実は手数料が多額にかかって結果的に手元に入ってくる金額が少なくなるパターンもあります。
業者もよいところしか記載しない、わかりにくい部分があるホームページのことがありますので、疑問点は直接聞いてみるのがおすすめです。